指輪のサイズを測るには

指輪のサイズを測るには

指輪は相手に見られることが多いため、色んな意味合いを持っています。大切な人への贈り物や、求婚のための指輪などは、特に大切ですよね。しかも相手に知られたくない、サプライズで贈りたい場合などは、相手の指のサイズが分からない場合は困りますよね。
宝石店などに行けば正確に指のサイズを測られるリングゲージがありますが、それ以外ではどのような方法で測ればよいのでしょうか。

これはとても簡単な方法があります。
木綿糸やひもなどを用意します。長さは10㎝ぐらいあれば充分です。対象となる指輪をはめる指の一番太い部分にぐるりと一回りさせます。重なる部分にマジックなどで印を付けます。そして定規などを用意し、測った紐などの印を付けた部分同士の長さを測ります。糸の巻き具合はきつすぎず緩すぎずの感じです。
そしてその長さをメモなどに記録し、こちらのサイトhttp://www.naturalmoment.jp/html/content04.htmlへアクセスし、換算表からリングサイズを見つけてください。
例えば53㎜(5.3㎝)の場合だと一番近いサイズが13号となるわけです。この換算表からサイズを調べることができるので自宅でもかんたんにできますよね。

やはり正確に測りたいという方は、宝石店などにあるリングゲージになります。このリングゲージはオンラインショップなどでも販売しているので、[リングゲージ販売]と検索すれば、販売しているお店が出てきますので、数店と価格や条件を比較した上で、できるだけお得に買えるお店を選ぶことができるでしょう。

どうしても相手の指輪のサイズが分からない場合は、自分の指の太さと比べ(大きいか小さいか)、できるだけ大きいサイズを予め購入します。当然ゆるく合わないと思うので、後日一緒にその購入したお店に行きサイズ直しをしてもらうことができます。ほとんどのお店は無料でしてくれるはずです。
ですので、事前にお店の担当者にその様なことを話しておくとスムーズに話が進みます。
指輪のサイズは後からでもサイズ直しが出来るということです。ですので、安心して求めることができますね。

    Copyright(C) 価値ある指輪の選び方 All Rights Reserved.